2012

 2012/10/05

POやプロダクトバックログに関するよくある質問と答え (1)

先日公開したプロダクトオーナーに関する概要資料について質問を貰ったので、以下に回答しておきます。Scrumではフレームワークとして定義されているものをどのように実装するかはスクラムチームに任されているので以下の僕の回答はあくまで僕個人の見解です。 Q1:プロダクトバックログにはバグは乗せないのか? 僕の回答: スプリ (続きを読む)

 2012/10/03

ストーリーポイントの見積もりは何故時間の見積もりより良いのか

よく聞かれるネタではあるのですが、Scrumの父ジェフ・サザーランド氏がストーリーポイントの見積もりがなぜ時間の見積もりよりも良いかについて過去にブログに書かれたものを適当意訳にて紹介します。以下の訳文は原文にしたがって、CC BY-NC-SAとします。 原文はこちら 左図: 不確実性コーン 右図: マイクロソフトによ (続きを読む)

 2012/09/27

プロダクトオーナー概要 (資料公開)

プロダクトオーナーは、Scrumで進める上で必須の役割です。プロダクトオーナーがプロダクトの成否やプロジェクトの成否を分けることもよくあります。良いプロダクトオーナーは開発チームと一緒に働き、開発チームの成果を検証したり、開発チームに十分に準備の出来たプロダクトバックログ項目を渡します。そういったプロダクトオーナーとし (続きを読む)

 2012/09/13

資料公開 ざっくりわかるScrum

普段あまりシステム開発に携わっていない人やアジャイルな開発の経験がない人向けに色々資料を作って説明しているのですが、今回のモノは個人的に結構しっくり来ているので参考までに公開します(7月くらいから何回か使って検証しました)。 ざっくりわかるScrum from Ryuzee YOSHIBA エレベーターピッチ並 (続きを読む)

 2012/09/05

JavaFestaでAgileの話をします(10/5)

2012年10月5日(金)に札幌で行われるJavaFestaに登壇します(Javaに触れなくなって久しいわけですが気にしない) 僕は、「アジャイル開発の勘所 ~Scrum、XP、ツール、そして組織~」というテーマで、以下のようなお話をする予定です。 ビジネス環境が大きく変わってきた今、ソフトウェア開発も従来型のやり方 (続きを読む)

 2012/09/01

Robot Framework + Selenium2Libraryで簡単受け入れテスト

Robot Frameworkは受け入れテストや受け入れテスト駆動開発(ATDD)に使えるテスティングフレームワーク。 http://code.google.com/p/robotframework/で開発が進められている。 プレインテキストやHTML形式でテストケースを記述できること、pythonまたはjavaによっ (続きを読む)

 2012/08/28

チームへの期待を明らかにする

この記事は現在発売中のアジャイル同人誌Ultimate Agile Stories2に掲載させていただいたものを転載するものです。 Ultimate Agile Stories2は次回は9月15日に早稲田大学で行われるXP祭りで発売されると聞いていますので興味のある方は是非お立ち寄りください。執筆されているのは平鍋さん (続きを読む)

 2012/08/17

翻訳 アジャイル関連書籍ベスト100(2012年度版)

来年1月に行われるScrum Regional Gathering Tokyo 2013で基調講演をしていただく予定のJurgen Appelo氏による2012年度版のアジャイル関連書籍ベスト100に邦訳書籍の情報を加えました。書籍選びの参考までに。 なお、リストに入っていて本年新たに訳された本は、リーンスタートアップ (続きを読む)

 2012/08/16

Selenium + PHPUnitで簡単エンドツーエンドテストを実現する

ここではSeleniumとPHPUnitを使って簡単にスモークテストを実現する方法を解説します。 基礎的な内容ですが、復習ということで。 下準備 FirefoxにSelenium IDEをインストールする Selenium Serverを導入する(※ダウンロードへの直リンクはこちら) どちらもhttp://sel (続きを読む)

 2012/08/15

Ubuntuでいいカンジに画面キャプチャを取る方法

ひさびさにアジャイル以外のネタです(アジャイルな話を期待している人にはごめんなさい) 仕事柄画面キャプチャをとる機会が非常に多いので、その作業の効率化は結構大きな効果があります。ここではUbuntuでいいカンジに画面キャプチャを取れる方法を説明します。 といっても簡単で、Shutterというツールを使います。 インスト (続きを読む)

 2012/08/11

Scrumでのプロジェクト初期の見積もり

よくScrumで初期見積もりってどうやるの?って聞かれるので、思ったことをツラツラと書いておきます。 ちなみに見積もりなんてあたんないので(もちろん当てる努力はするし、当たった方がいいのは勿論なんだけど)、そのつもりで考えたほうが良いです。例えば競馬で一点買いして毎回的中すると思う幸せな人はあまりいないけど、一方でプロ (続きを読む)

 2012/08/04

Scrumにおけるメトリクスの扱い

最近よく「Scrumではどんなメトリクスをどう取ればよいですか」と聞かれるので整理しておきます。 Scrumでよく登場する数値データとしては、プロダクトバックログ項目のビジネス価値や見積もり、スプリントバックログ項目の理想時間があり、スプリント中に完了したプロダクトバクログ項目の見積もりポイント(相対見積もりの場合)の (続きを読む)

 2012/07/25

Rubyで簡単にIEを操作する3つの方法

IEに関するテストを自動化したくて色々調べ中なので記録として公開しておきます。 確認している環境はWindows7 Professional 32bit版+IE9。RubyはRubyInstallerを利用してます。 watirを使う方法 watirはブラウザ操作のライブラリでwebdriverが出てくる前から存在して (続きを読む)

 2012/07/23

Scrum Boot Camp Premium開催(9/25)のお知らせ そして...!

2012年9月25日(火)にScrum Boot Camp Premium (第3回)を開催します。 おかげ様で大変好評をいただき、第3回目の開催となりました。今後も四半期毎を目処に定期的に実施していく予定です。 今回の研修も、前回同様有償コースということで、 研修資料のハンドアウト(約300ページの資料を印刷・製本 (続きを読む)

 2012/07/22

資料公開 Chefの下準備 (#DevLove Chef de DevOps)

2012年7月21日に大崎のフューチャーアーキテクトさんで行われたChef de DevOpsで話してきましたのでその際の資料を公開しておきます。 なお、内容については2011年12月くらいに行ったワンクリックデプロイ勉強会の資料とほとんど同じですので、以前にご覧になっている方にとっては目新しいものは何もありません。  (続きを読む)

 2012/07/21

How to Change the World そしてScrum Regional Gatheringのお知らせ

もうすでにご存知の方も多いかと思いますが、Jurgen Appelo氏が書かれたHow to Change the Worldの日本語版を達人出版会より発売開始しました。電子書籍形式(PDFとepub)で、価格も500円とコーヒー1-2杯の価格でお求めやすくなっていますので、是非ご覧になってみてください。達人出版会のサ (続きを読む)

 2012/07/19

資料公開 Agile開発ツール導入の勘所

2012年7月18日(水)に行われたAgile Conference Tokyo 2012に登壇してきました。 30分という短い時間(予定通りの長さで延長したわけではありません!)の中で駆け足でAgile開発から継続的デリバリー、継続的フィードバックやALMへの流れ、なぜテスト自動化が求められるのかといった話と、それに (続きを読む)

 2012/07/13

ざっくりわかるScrum and Team Foundation Server

2012年7月13日に行われたTFSUGに登壇しましたので、その際の資料を公開します。 今回はScrumやTFSのことをあまり知らない方向けにざっくり全体像を理解していただくことを目的としたものになっているので、既に色々な取り組みをしている人には物足りなかったかもしれませんがご容赦いただければと思います。(TFSについ (続きを読む)