バックロググルーミングとはなにか?

 2012/05/23
このエントリーをはてなブックマークに追加

Product Backlog Groominより適当意訳にてご紹介。


プロダクトバックログは継続的に更新される生きたドキュメントである。プロダクトバックログには、全ての機能要求、非機能要求を含むすべての要求を含んでいる。

なぜプロダクトバックログのグルーミングを行うのか

プロダクトバックログ・グルーミングは極めて重要だ。以下のようなことに役立つ。
  • 開発チームとプロダクトオーナーが大きなバックログ項目を小さいものに分割するのに役立つ。それによって個々のバックログ項目のスコープについてより理解が共有される。
  • 開発チームとプロダクトオーナーは長くて息切れするようなスプリント計画会議を避けることが出来る。それによって時間のムダを防げる。
  • プロダクトオーナーによって追加された新たなバックログ項目や既存のバックログ項目をより小さいものに分割する。
  • 開発チームはより簡単にプロダクトバックログ項目の見積もりができるようになる。小さいバックログ項目はより見積もるのが簡単になるのだ。
  • プロダクトオーナーがチームに対してビジョンや方向性を共有するのに役立つ。これはチームが全体像を理解しアーキテクチャや設計に対してより価値のある判断を下すのに役立つ。
  • 開発チームとスクラムマスターは必要とされるリソースやチーム構成について理解することが出来る。

どうやってプロダクトバックログのグルーミングを行うか

プロダクトオーナーはプロダクトバックログが適切な大きさであることを保証する責任がある。しかし、プロダクトバックログ・グルーミングはスクラムにおいてはチーム作業だ。新しいバックログ項目がプロダクトオーナーによって書かれ、開発チームはプロダクトオーナーが新しいバックログ項目を発見したり、既存のバックログ項目を含めてより明確化(たとえば依存関係や制約)するのを支援する。プロダクトオーナーはプロダクトバックログ項目の分割を開発チームとともに行った上で、開発チームに対して、それらを見積もったり、成果物を顧客に届けることを要求する。 以下はプロダクトバックログ・グルーミング中に起こる典型的なアクティビティだ。
  1. 新しい項目について議論され、新しい項目が見つけられる。プロダクトオーナーは顧客やステークホルダーから要求された新しい項目を明らかにする。開発チームはプロダクトオーナーに対して技術的な依存性や制約の観点で支援する。これらの項目はプロダクトバックログに追加される。ユーザーストーリーはプロダクトバックログの機能要求を捕捉するための素晴らしいテクニックだ。ユーザーストーリーはエンドユーザーの観点から記述される。
  2. 既存のバックログ項目もしくは追加されたバックログ項目はより小さいバックログ項目にブレークダウンされる。通常、プロダクトバックログの先頭にあるバックログ項目はこのやり方でリファインされる。大まかなやり方としては直近2〜3スプリント分くらいのバックログ項目をリファインすることが多い。
  3. 開発チームとプロダクトオーナーはバックログ項目の価値やリスクや依存性について議論する。
  4. プロダクトオーナーはプロダクトバックログを並べ替える。プロダクトオーナーはチームの助けを得て、価値やリスクや依存性やビジネスの状況や競合の状況やその他いくつかの製品戦略に基づいて並べ替える。
  5. プロダクトバックログの上位にある項目(一般的には直近2〜3スプリントで開発できるくらい)は分解され、リファインされる。スクラムチーム全体が項目に対して共通の理解をもつことはとても重要だ。プロダクバックログ項目はスプリントに収まるくらい十分に小さい必要があり、それによってチームは完了の定義に従って出荷可能な製品の増分を作り出すことができる。これらのバックログ項目はテスト可能でなければならない。それによって開発チームスプリント中に容易にテストし検査することができる。
  6. プロダクトバックログが見積もられる。新しく追加されたりリファインされたバックログ項目は必要なら見積もりが行われる。見積もりを行うためにチーム全体で活動する。

いつどのくらいの頻度でおこなうか?

プロダクトバックログ・グルーミングは継続的なプロセスだ。開発チームはプロダクトオーナーとともに少なくともスプリントに一度はグルーミングを行うべきだ。 スプリントの中で前もって1,2回分のグルーミングの会議の時間を予定しておくのは良い考えだ。さもないと、開発チームがスプリントの中で作業にとりかかり始めるときまで忘れてしまうといったことが起こるかもしれない。

 2012/05/23
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索


著作

寄稿

Latest post: