Microsoftにおけるデイリースクラム

 2012/04/13
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。

他所の現場のデイリースクラムを見る機会は普通の人はなかなか無いと思うのでご紹介します。 この動画はシアトルのマイクロソフトでTeam Foundation Server(TFS)のアジャイル対応部分を作っているチームとのことです。


動画を見ていただくと分かるがいくつか特徴があるので解説しておきましょう。

  • スクラムでプロジェクトを行なっており、スクラムマスターやプロダクトオーナーというロールがちゃんと存在する
  • デイリースクラムの基本に則り、スタンドアップで行なっている
  • これも基本通り、昨日やったこと、今日やること・・・のフォーマットで行われている
  • タイムボックスも守られている(動画の時間から推察するに)
  • スクラムボードの前で行うのが基本だが、そのかわりにTFSの画面を大きく写して行なっている
  • すなわち、マイクロソフトといえども、守破離の守を行なっていることが分かる。色々なツールを使っているからといって基本を疎かにしないということだろう

なお、1点気づいた点として、どうせなら開発ルームにディスプレイを設置して常に投影しておくとよいだろう。 Windowsはタッチ操作もできるので、いちいちマウスでやらないで、常設のスクリーンでタッチで行うとリズムがよくなる(この動画は撮影用で実際はそうしているのかもしれない)

デイリースクラムについてジェフ・サザーランド氏による解説の動画があるので併せてみておくと良いでしょう。

 2012/04/13
このエントリーをはてなブックマークに追加