2011

 2011/12/31

どうでもよいこと 2011年ふりかえり

2011年ももう終わりなのでふりかえりというかまとめをしておく。 ちなみに昨年のKPTをみたら、だいたい達成してましたね。 1月 ジェフサザーランドさんの認定スクラムプロダクトオーナーの裏方をしつつ認定スクラムプロダクトオーナーを取得。 前年のコプリエンさんのCSMのお手伝い以降、事務の人として認識される。 認定スク (続きを読む)

 2011/12/26

【資料公開】Doneの定義 虎の巻

この年の瀬にスクラム道.08を開催しました。今回のテーマはDone(完了)の定義です。以下に資料を公開します。 なお、議論を誘発するために、あえて細かいことを書きすぎないようにしていたりしますのでそのあたりはご了承ください。 スクラムでは、Doneの定義は必須です。これがないとどこまで作業をして良いか分からないし、Do (続きを読む)

 2011/12/20

【資料公開】ワンクリックデプロイ勉強会

2011年12月20日に品川の日本マイクロソフト本社をお借りして、ワンクリックデプロイ勉強会を開催しました。 当初内輪でやろうと思っていたのですが多くの方にご参加いただきありがとうございました。 また、もろもろセッティング頂いた@katzchangと日本マイクロソフトの長沢さんありがとうございました。 以下にセッション (続きを読む)

 2011/12/13

継続的インテグレーションアンチパターン

なんとなく書きためておいた継続的インテグレーションのアンチパターンをいくつか紹介します(結構ラフなメモ書き)。 詳しくは来週のワンクリックデプロイ勉強会などで。 頻繁にSCMにコミットしない テストコードを書かない テストコードと製品コードを同時にコミットしない 定時ビルドのみでコミットビルドがない・夜間ビルドしかな (続きを読む)

 2011/12/04

Jenkinsでビルド・パイプラインを作る

Jenkinsのプラグインでビルド・パイプラインを作ることが出来るので紹介。 #12月20日のワンクリックデプロイ勉強会の発表のネタバレっぽいのですが。 ビルド・パイプラインとは ビルド・パイプラインとは、継続インテグレーションのプラクティスの1つで、テスト等を複数の単位に分割し、順番に流していくものである。一般的には (続きを読む)

 2011/11/27

5分で分かるデプロイ自動化への道

12月20日に第1回ワンクリックデプロイ勉強会で、デプロイの自動化について好き勝手に喋ったりデモしたりする予定なのですが、当日話す内容の概略について以下に載せておきます。 以下にあげることをやっておけばデプロイ自動化、ワンクリックデプロイはそんなに遠くないところにあると思います。 デプロイ自動化への道 ソースコードのバ (続きを読む)

 2011/11/19

WebistranoでGUIからの1Clickデプロイを実現する

WebistranoはCapistranoのWebフロントエンドであり、Web画面上からCapistranoを実行することが出来る。 これを利用することで、複数のプロジェクトを一括で管理したり、レシピを共用したりすることができ、デプロイの履歴を管理することも可能になる。かなりオススメ。なお動作させるにはRailsとなん (続きを読む)

 2011/11/16

継続的デリバリ vs 継続的デプロイ

Jez Humble氏のContinuous Delivery vs Continuous Deploymentが分かりやすいので抜粋・意訳にてご紹介します。 (翻訳部分はCC-BY−SAとします) ティモシー・フィッツの継続的デプロイに関するブログは、デイブと私が継続的デリバリについての本を出版する1年以上も前に、す (続きを読む)

 2011/11/12

あなたのチームのスクラムマスターがうまく作用しない7つの理由

7 Reasons Your Scrum Master May Be Underperforming より抜粋・意訳でご紹介します。 うまくいかないスクラムマスターのパターンは以下にあがっている以外にも沢山ありますが、個人的には、スクラムマスターがチームのファシリテーション役や問題の解決役にならずに、指示出し役になって (続きを読む)

 2011/11/11

ビジネスの主導権を握るために継続的デリバリが必要な7つの理由

Kelly Waters氏の7 Reasons why Continuous Delivery needs to be a BUSINESS initiativeより継続的デリバリが必要な7つの理由について抜粋・意訳にてご紹介します。 アジャイルやリーンなチームにおける鍵となるプラクティスの1つに継続的デリバリの考えが (続きを読む)

 2011/11/09

VagrantとAmazon EC2でVagrantファイルを共用する

誰も興味なさそうなVagrantシリーズの第四弾。 さて昨日まではVagrantとChef Soloを組み合わせるパターンについて説明を行ったわけだが、せっかくローカルの環境構築を自動化出来たので、これらの設定ファイルを利用してAmazon EC2上にも同じように環境を構築できるようにしよう。結構手順は長いが既にAma (続きを読む)

 2011/11/08

VagrantとChef Soloを組み合わせて環境構築を自動化する

前回まではVagrantを使ってVirtualBoxの仮想インスタンスを簡単の構築するところまで説明した。 ただそれだけだったら予め作成しておいたイメージをコピーするのとたいして変わりがないので、あまり有難味を感じないかもしれないが、ここからが本番だ。 Vagrantの特徴として、PuppetやChefやChef So (続きを読む)

 2011/11/01

VagrantをPluginで拡張する

前回の話(Vagrantで簡単仮想マシン構築)の続き Vagrantはプラグインを利用することによってvagrantコマンドを拡張することが出来ます。 ここでは入れておくと便利な2つのプラグインを紹介します。 Vagrantboxes Vagrantboxesは http://www.vagrantbox.es/ に掲 (続きを読む)

 2011/10/30

プロダクトオーナー役を決める2つの方法

Two common ways to apply the product owner roleという記事が分かりやすかったので抜粋・意訳にてご紹介します。 ここでは誰がやるべきかという点で書かれていますが、それ以前の話で、日本だと「プロダクトオーナー不在」とか「プロダクトオーナーが誰だかわからない」といった悩みを聞くこ (続きを読む)

 2011/10/28

Vagrantで簡単仮想マシン構築

VagrantはOracle VirtualBoxを利用した仮想マシンをコマンドラインから作成してくれるソフトウェアだ。 設定ファイルをRubyで書くことができ、Chef等とも連携できるので、開発環境をコマンドライン一発で作成することが出来る。更にはCapistranoと組み合わせてアプリケーションのデプロイも一括で行 (続きを読む)

 2011/10/26

【資料公開】タスク管理超基礎(学生向け)

先週金曜日に慶應SFCのPBLの授業の中でチーム開発ではなぜタスク管理が必要なのか、タスクはどのように作るべきなのかについて基本中の基本を説明しました。 その際の資料を公開しておきます。 既にチームとして開発を行っている方にはたいして役にたたないと思いますが、新入社員とかへの説明には役にたつかもしれません。 超基礎から (続きを読む)

 2011/10/25

翻訳 Agileについて知っておくべきこと10個(+α)

Alan Shalloway氏のThe Top 10 (or so) things I wish everyone knew about Agileがよい記事なので、抜粋・意訳にてご紹介します。 ScrumとAgileは同じではない Agileへの移行を始めるのにScrumを使わなければならないわけではない 受け入れ (続きを読む)

 2011/10/24

Scrum Gathering Tokyo 2011の私的まとめ

10⁄19(水)と10/22(土)に日本で初めてのScrum Gatheringを無事に行うことが出来ました。 イベント会社を利用することなく、スタッフ一同試行錯誤しながら創り上げたので、実行委員としてはまずはほっとしているというのが正直なところです。 大きな事故は某氏がセッション中に講演者の前で派手に転倒 (続きを読む)