2011

 2011/10/24

Scrum Gathering Tokyo 2011の私的まとめ

10⁄19(水)と10/22(土)に日本で初めてのScrum Gatheringを無事に行うことが出来ました。 イベント会社を利用することなく、スタッフ一同試行錯誤しながら創り上げたので、実行委員としてはまずはほっとしているというのが正直なところです。 大きな事故は某氏がセッション中に講演者の前で派手に転倒 (続きを読む)

 2011/10/19

Doctrine1でDBのマイグレーションを行う

アジャイルな開発を行って頻繁にデータベースのスキーマを変更したり頻繁にプロダクション環境にリリースしたりCIサーバで継続的にテストをしようとすると、データベース回りの変更をきちんと管理していくというのが非常に重要になります。 アマチュア的なアプローチだと毎回差分のsql文を書いて手でデータベースに食わせていくのですが、 (続きを読む)

 2011/10/16

ユーザーストーリーのReadyの定義

Definition of Readyが参考になる記事だったので適当意訳にて紹介。 Agileな開発では(そうでなくてもだが)Doneの定義は非常に重要だ。人によって仕事が完了していることの理解が異なっていると、「本人は終わったつもりだったが他から見ると終っていない」とか「本人は終わっていないつもりだったが、他からみる (続きを読む)

 2011/10/10

Agileと組織 (Agile Tour Osaka講演資料公開)

2011/10/8に行われたAgile Tour Osakaにて、Agileと組織について講演してきましたので、その際の資料を公開します。 Agileと組織 View more presentations from Ryuzee YOSHIBA Agileな開発をやろうとする際にプラクティスとかツールの話から始め (続きを読む)

 2011/10/05

資料公開 大学生向けにAgileの話をしました

9月30日に慶応大学SFCの講義の中でAgileに関する話をしてきましたので資料を公開します。 なお、学生の方(学部生)向けの資料になっているので、既にアジャイルな開発を行っている方には目新しいところはないと思います。アジャイルそのものの説明よりも、そもそも現在のビジネスはどのような環境下で行われているのか、ビジネスの (続きを読む)

 2011/09/28

良いスクラムマスターがすべき4つの質問

Len Lagestee氏が書かれた4 Questions Every Good Scrum Master Should Be Askingが分かりやすかったので適当意訳。 単純だけど、毎日意識したいところだと思う。 #1 自分のチームは健康か? チームの健康状態はとても主観的なので、この質問はチームがうまく機能してい (続きを読む)

 2011/09/20

ユーザーストーリーをうまく使えていない5つの兆候

Marc Löffler 氏が書かれた “5 Signs That Your User Stories Suck” という記事が分かりやすかったので適当意訳にてご紹介。 以下にあげるようなことは、そもそも「何のためのユーザーストーリーなのか?」ということを考えずにプラクティスとして取り込んでしま (続きを読む)

 2011/09/14

継続的デリバリとは何か?

継続的デリバリ(Continuous Delivery)の定義を改めて整理してみた。 まず1つめ。 Continuous DeliveryとはリリースのスケジュールをIT部門が握るのではなく、ビジネス部門が握るということだ。 Continuous Deliveryを実装するということは、全体のライフサイクルを通じて常 (続きを読む)

 2011/09/12

バグ修正のスケジュールをどのようにたてるべきか

ThoughtWorksのプリンシパルコンサルタントのJason Yip氏のHow should we schedule bug-fixing?が良い記事だったので適当意訳にて紹介。 どのプロジェクトでも新機能の追加や変更を行うし、バグの修正もあるだろう。必然的に以下の質問があがることだろう。 「バグ修正のスケジュール (続きを読む)

 2011/09/09

スプリントの期間を長くしたいと思ったら...

元記事はLichard Lawrence氏のWhy Longer Sprints Probably Won’t Help。良記事だったので適当意訳にてご紹介。 本文に入る前に若干前提事項を補足。 以下で言っている「スプリント期間を伸ばす」というのは、あるスプリントだけの期間を伸ばすのではなく、スプリントのサイズ自体を (続きを読む)

 2011/09/04

資料公開 Scrumはじめの一歩

2011年9月3日(土)に早稲田大学理工学部で行われたXP祭り(記念すべ第10回!)で、Agile Buffetというワークショップセッションを長沢さん(マイクロソフトの凄腕エバンジェリスト)、海江田さんと一緒に、Scrumはじめの一歩という初心者向けセッションを、西村さん(アジャイルサムライ監訳者)と一緒に実施してき (続きを読む)

 2011/08/30

アジャイル開発でツールを導入する5つのステップ

アジャイルな開発で利用できるツールは沢山あるが、その導入の仕方について賛同できる記事があったので適当意訳にてご紹介。なおターゲットのチームはco-locateしたチームになっている。 元記事はMarc Löffler氏の5 Steps to Introduce an Agile Tool 世の中にはかなり沢山のアジャイ (続きを読む)

 2011/08/28

アジャイル動物園 - 豚と鶏と他の動物たち

アジャイルなプロジェクトに関係する人を比喩する方法としては、豚と鶏の話が有名だが、拡張バージョンとして、さらに多数の動物が出てくるアジャイル動物園の話をご紹介。 原文はAgile Animal Farm - Pigs, Chickens, and more。 昔むかし、鶏と豚が田舎道を歩いていました。鶏は豚の方に振り返 (続きを読む)

 2011/08/27

Agile ALMとは何か?

CollabNetのLaszlo Szalvayさん(日本でセミナーを受講したことがある)がAgile ALMについて書かれていた記事が分かりやすかったので、適当訳で紹介。 アプリケーション・ライフサイクル・マネジメント(ALM)はソフトウェアの初期の開発から最後のリリースまでのライフサイクルを管理することである。AL (続きを読む)

 2011/08/24

9月と10月の登壇予定

9月と10月は色々と登壇の予定がありますので晒しておきます。是非来て下さいw XP祭り (9月3日) Scrum Boot Camp 関西 (9月7日) Agile Tour Osaka (10月8日) Scrum Gathering Tokyo 2011 (10月19日,22日) XP祭り 2011 (9月3日 (続きを読む)

 2011/08/18

翻訳 アジャイル関連書籍ベスト100(2011年度版)

NOOP.NLというサイトで、今年もTop 100 Agile Books (Edition 2011)ということでアジャイル関連書籍のトップ100のリストが出ていたので、日本語訳されている本のリンクを追加してみました。 大きなトピックスとしては、日本でも勉強会が同時に多数開催されるなどアジャイルに関心がある人達の間で (続きを読む)

 2011/08/16

組織に継続的インテグレーションを導入していく7つの段階

継続的インテグレーションの導入に関する分かりやすい記事があったので適当訳にてご紹介。 原文はJohn Ferguson Smart氏のブログ記事「The Seven Phases of Introducing Continuous Integration into Your Organization」 継続的インテグレ (続きを読む)

 2011/08/11

継続的デリバリの8つの原則

継続的デリバリに関する分かりやすい記事があったので、適当訳にてご紹介。 参照元は8 Principles of Continuous Delivery 継続的デリバリの8つの原則 1.ソフトウェアのリリースやデプロイのプロセスは繰り返し可能であり信頼性が高い必要がある。 このことは2つめの原則にたどり着く。 2.全てを (続きを読む)