リリースプランニングの10個のTips

 2010/10/27
このエントリーをはてなブックマークに追加

Release planning 10 Tipsの適当意訳。

なんかタイトルが微妙な気はするけど。 Scrumにおいては、プロダクトバックログの重要性が極めて高いので、そいつをどうやってメンテナンスしていくか、という点について参考になるだろう。

以前、コーチで行ってた現場で、「プロダクトバックログを最初に抽出して固定して一括請負契約できますか?」という転びそうな質問を受けたことがあるんだけど、アジャイルにおいては要件は可変パラメータなので、プロダクトバックログの固定自体があり得ない。

  1. プロダクトバックログは常時変化していることを認識すること
  2. プロダクトプロダクトバックログの項目の優先順位を継続的に付け直すこと
  3. 次のスプリントのためのストーリーを継続的に準備すること
  4. プロダクトバックログの項目の個数は60〜70項目までにすること
  5. プロダクトオーナーはチームと一緒に毎週全項目の見積をしなおすこと
  6. 次の3スプリントで何を出荷するか組織の中で常にコミュニケーションすること
  7. 顧客と管理職をプロセスに頻繁にまきこむこと
  8. プロダクトバックログ項目の締切や重要性について知ること
  9. 新しいストーリーは古いストーリーと比べてROIが高いかチェックすること
  10. スクラムプロジェクトは予算内で期限までに出荷しなければならない、ということをはっきり認識すること

スプリントごとには見積もりしなおしているが、項番5で毎週はちょっと辛いなぁという気がする。

 2010/10/27
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索


著作

寄稿

Latest post: