Blog

守破離/何が偉大なスクラムマスターを作るのか

 2011/05/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。

ジェフ・サザーランド博士のブログ記事、Shu Ha Ri - What Makes a Great ScrumMaster?のご紹介です。 元記事に対応して、以下の部分はCC BY-NC-SAライセンスとします。

守破離のコンセプトは日本の合気道という武術から来たものだ。 私はデンバー(センセイは破の段階だった)とケンブリッジ(センセイは離の段階だった)で合気道の道場に数年通った。 生徒はまずは「守」からはじめて、センセイの指示に正確に従わなければならない。 黒帯を取ると、彼(彼女)は「破」の段階にたどり着いたことになり、素晴らしい型の練習をしたり、よりよくするために洞察して適用することが可能になる。 「離」の段階はちょっと違う。センセイが手を動かすと相手は触られてもいないのに宙を舞ったりする。もちろん「気」の力の使い手を見たことがなければ、こんなことが可能だとは信じられないだろう。

「守破離」のコンセプトはどんな資質が人を偉大なスクラムマスターにするのかについて考えるためにも使われる。 スクラムマスターは各段階でどんな行動をすべきなのか?

「守」の段階では、スクラムマスターは、プロセスを組み立て、チームがベロシティを把握した上で持続可能なペースで仕事できるようにし、ベロシティを向上させるための変化を生み出すためにふりかえりを使ったりする。

「破」の段階では、スクラムマスターはスプリントの終わりにはソフトウェアを「完了(全てのフィーチャーがテストされていてバグがない)」にできるようなチーム、スプリントの開始時には準備完了となっているバックログを用意している素晴らしいプロダクトオーナーとともに仕事をしていて、少なくとも生産性が2倍になったというはっきりしたデータを持っていて、経営層からの強力なサポートも取り付けている。 チームはハイパープロダクティブの状態で仕事していると位置付けられ、これがスクラムのゴールである。

一方「離」の段階でもチームはハイパープロダクティブである。しかしここではスクラムマスターは何をするのだろうか?本当に必要な人なのだろうか? 答えは「スクラムマスターは必要だ」なのだが、しなければならないことは多くない。 以下は「離」の段階のスクラムマスターでありたいと思ったときに探求すべき資質の例だ。

それでは。

 2011/05/28
このエントリーをはてなブックマークに追加