スクラムトレーニング (SCRUM BOOT CAMP)

トレーニングの概要

Scrum(スクラム)は竹内弘高氏、野中郁二郎氏が1986年にハーバードビジネスレビュー誌にて発表した「New New ProductDevelopment Game」を元にしてジェフ・サザーランド氏らが考案したアジャイル開発手法の1つで、近年アジャイルな開発の手法として日本国内においても急速に採用事例が増えています。

一方でコーチや経験者の指導のないままに表面的なプラクティスを導入し、結果としてあまりうまくいかないというケースも良く聞くようになりました。 本トレーニングではこれからスクラムを導入して開発を行うことを検討されている方もしくはトレーニングを受けないままにスクラムチームに参加されている方を対象に、スクラムの基礎トレーニングを提供いたします。

アジャイル開発は本を読んだだけで理解し実践できるものではありません。
本トレーニングでは講義に加えて、実際にさまざまなワークショップに取り組んでいただきながらスクラムに必要な要素を体験し習得いただくことを目指しています。

本トレーニングのゴール

  • アジャイル開発の本質的な価値を理解する
  • アジャイル開発とウォーターフォールの違いを理解する
  • スクラムで定義されている活動や成果物を理解する
  • アジャイル開発で必要とされる自己組織化やマインドセットを理解する

対象者

  • スクラムによるアジャイルな開発に興味を持っており導入の検討をされている方もしくは既にスクラムチームに参加されている方(管理職、マネージャ、開発者、デザイナーなど)で、体系的なトレーニングの受講をされたことが無い方
  • アジャイル開発やスクラムの基本を学びたい方

一日コースのタイムテーブル例(10時開始の場合)

  • 10:00-10:15 前説
  • 10:15-11:00 アジャイル開発の基礎
  • 11:00-12:00 ワークショップ
  • 12:00-12:30 スクラム全体の流れ
  • 12:30-13:30 昼食休憩
  • 13:30-14:30 スクラムのロールや会議体
  • 14:30-15:30 プロダクトバックログ演習
  • 15:30-16:30 スプリント計画演習
  • 16:30-17:15 スクラムその他のトピック
  • 17:15-18:00 ふりかえり、質疑応答

半日コースのタイムテーブル例(10時開始の場合)

  • 10:00-10:15 前説
  • 10:15-11:30 プロセス体験ワークショップ
  • 11:30-12:30 スクラムの基本
  • 12:30-13:00 ラップアップワークショップ、質疑応答

利用テキスト例(過去のものです)

費用

  • 本トレーニングの費用は右記の通りです
  • 全国各地にてご提供いたします
  • 遠方については別途交通費・宿泊費が発生する場合があります
  • 休日の開催も承ります
  • 本体価格のほかに別途消費税がかかります
  • その他ご調整に応じますのでお気軽にお問い合わせください

25万円(半日コース)

半日コース

所要時間: 3〜4時間

最大人数: 40人程度まで

トレーニング資料の電子媒体での提供

トレーニング終了後一定期間質問対応

講師は1名対応となります

トレーニング実施の流れ