vagrant-protectで仮想マシンのうっかり削除を防止する

 2013/09/30

全国3000万人のVagrantユーザーのみなさんこんにちは。

Vagrantを使っていると気軽にvagrant upして気軽にvagrant destroyを繰り返すことになりますが、時々、削除してはまずい仮想マシンをうっかり削除して絶望感に苛まれてしまうことがあります。(僕の場合は沢山の検証用の仮想マシンを起動していてホスト側の動作が重くなってきたりすると脊髄反射的にvagrant destroyしちゃいますw)

こういうポカを防ぐためのプラグインを電車の中で作ったので簡単にご紹介。

インストール方法

いつもどおりの方法です。

vagrant plugin install vagrant-protect

使い方

使い方は簡単です。destroyしてはいけない仮想マシンを起動するためのVagrantfileに、

config.protect.enabled = true

の1行を追加すればOKです。

この設定がされている場合に、vagrant destroyを実行すると、

[default] Forcing shutdown of VM...
[default] Only executed shutdown because destroy command is disabled

のように表示され、仮想マシンの削除ではなく、単に停止だけして終了されます。

なお、現在のところVirtualBoxだけに対応しています。

ソースコードは、https://github.com/ryuzee/vagrant-protect に置きましたので、何かあれば適当にPRを送っていただければと思います。 全体でソースコードは100行もありませんので、初めてプラグインを作る場合の参考にもなるかもしれません。

 2013/09/30

サイト内検索


著作

寄稿

Latest post: