2012年ふりかえり

 2012/12/23
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年ももう終わりなのでふりかえりというかまとめをしておく。 ちなみに昨年のKPTをみたら、あんまり達成できてない…。

1月

  • JaSST 2012に参加。Bj Rollison氏の「How We Test at Microsoft」のセッションを聞いてMicrosoftの凄さを改めて知る。そして某所にそのレポートを書いた。ちなみに当日山手線が人身事故かなんかで止まって、電車に缶詰にされ、大崎で途中下車してタクシーで目黒雅叙苑まで行こうとしたらなかなかタクシーが捕まらずにへこたれた。

2月

  • 日経Linux3月号にAWSとかChefの話を書いた
  • 翔泳社さんから出版された100人本に寄稿した

    100人のプロが選んだソフトウェア開発の名著 君のために選んだ1冊

    出版社:翔泳社( 2012-02-22 )

    定価:¥ 1,890

    Amazon価格:¥ 1,890

    単行本(ソフトカバー) ( 216 ページ )

    ISBN-10 : 4798126004

    ISBN-13 : 9784798126005


  • Scrum Boot Campの有償版としてScrum Boot Camp Premiumを開始。今年4回実施できた。

3月

  • 大阪で行われたAgile Japanで「Agileな開発からAgileな組織へ」というテーマで講演させて頂いた。立ち見も出て部屋に入れない人も居たということで申し訳ないと思いつつみんなが関心を抱いている領域なんだなーと理解。その後何度か再演した。
  • 仕事で2日間徹夜した後に、アジャイル研修を2回続けてやるという暴挙を達成。
  • リーダブルコードのレビューをさせて頂いた。

    リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

    著者/訳者:Dustin Boswell Trevor Foucher

    出版社:オライリージャパン( 2012-06-23 )

    定価:¥ 2,520

    Amazon価格:¥ 2,520

    単行本(ソフトカバー) ( 260 ページ )

    ISBN-10 : 4873115655

    ISBN-13 : 9784873115658


  • 3月は終わらなかった。結局3月200日くらいまで続いた

4月

  • コーチ業に関係してTeam Foundation Serverをいじくりまくる
  • 大きなシステムトラブルがあって徹夜しまくった。
  • 家族で名探偵コナンの映画を見た。サッカー選手のアフレコが下手過ぎて萎えたw

5月

6月

  • スクラム道 vs DevLoveのイベントに登壇した。別に対決してなかったけど。
  • Scrum Boot Camp 東京を品川の日本マイクロソフト様のセミナールームにて実施。あそこの会場は素晴らしい。

7月

8月

  • 1画面で7000回もクエリ投げてるとてつもない奴の火消しをした。
  • 昨年に引き続きUltimate Agile Stories2に寄稿させて頂いた。
  • 連続2日間のScrumトレーニングをユーザー系のお客様にて実施した。今までは開発中心の組織が多かったんだけど、マーケティングや企画や開発やオペレーションなど多岐に渡る参加者でとても面白かった。
  • CEDECでScrum Boot Camp開催。オブザーバーでのんびりしてた。動物園作りワークショップは面白い。

9月

  • XP祭りで、アジャイルコーチ・ラウンドテーブルに登壇した。濃い話をするにはビールが必要だ!といったら@haradakiroさんよりセッション中に差し入れがあって、全員朝から飲みながら話すという狼藉ぶり。色々なコーチと話すのは楽しい。
  • 西川さんや太田さんが書かれた入門Jenkinsのレビューさせて頂いた。

    入門Jenkins―実践「継続的インテグレーション」

    著者/訳者:末広 尚義 竹内 一成 太田 健一郎 西川 茂伸

    出版社:秀和システム( 2012-09 )

    定価:¥ 2,520

    Amazon価格:¥ 2,520

    単行本 ( 320 ページ )

    ISBN-10 : 4798035300

    ISBN-13 : 9784798035307


  • Scrum Boot Camp in 福岡開催。ヤカンに入ったビールを生まれて初めて見た。
  • Running Leanのレビューワーをさせて頂いた。

    Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

    著者/訳者:アッシュ・マウリャ

    出版社:オライリージャパン( 2012-12-21 )

    定価:¥ 2,310

    Amazon価格:¥ 2,310

    単行本(ソフトカバー) ( 278 ページ )

    ISBN-10 : 4873115914

    ISBN-13 : 9784873115917


  • 3月がとうとう終わった。

10月

  • 札幌で行われたJavaFesta 2012に登壇。アジャイル開発の勘所というテーマで組織や手法やツールについて語った。札幌は4年間生活した場所なので懐かしかった。セッションはAmazon Data Servicesの玉川さんとIBMの細川さんの間に挟まれるという前門の虎後門の狼状態。
  • スクラム道EXPOで、朝から晩までスクラムの話をしまくった。

11月

  • 福岡で行われたPHPMatsuri 2012で、CakePHP + Jenkinsについて喋った。PHPだって継続的インテグレーションやデプロイ自動化や環境構築自動化は当たり前なんだぜ
  • プライベートセミナーを含めて週に5回登壇するという暴挙を達成。

12月

  • あちこちでScrumの研修を実施
  • 某雑誌への掲載記事を必死になって書いた(来年出る)
  • 某書籍を必死に翻訳中(来年出る)
  • 某書籍を気合で校正中(来年出る)

2012年のTryにしたことの確認

Doneになったものは打ち消し線で。ということでCSCは書きかけのまままだ提出できていない。スケールアップについては研修は仲間のコーチに手伝ってもらうようにはなったものの、普段のコーチングをどうするかは解決できてない(というかたぶんスケールできない)。
  • 家族みんなが健康で充実した生活にする。働きすぎない
  • いま申請書を書いているのだが、認定スクラムコーチ(CSC)取得。いまなら日本人初
  • Scrumとかアジャイルに関する日本発の本を書く(企画書書かなきゃ)
  • いまの仕事のスケールアップ。たぶん一人だと限界なのでどうにかする

2013年のTry

  • アジャイルコーチのカバーしなければならない領域がどんどん広がってきていると考えているけど、一人で全部カバーするのは相当大変なので、アジャイルコーチとして僕自身が守備範囲にする領域をある程度絞り込む。
  • とはいえ、アジャイルコーチだけだと一極集中のリスクがあるので、違う領域の仕込みもする
  • 東京以外の地方や海外に沢山いく

 2012/12/23
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索


著作

寄稿

Latest post: