資料公開 アジャイル開発の勘所

 2012/10/05

2012年10月5日に札幌で行われたJavaFestaに登壇しましたので資料を公開しておきます。 相変わらず絵ばかりなので、わかったようなわからないような感じですが、お役にたてば幸いです(内容は過去の総集編みたいな感じ) こんなに絵ばっかりにしている理由は、公演時間に収まるように話しながら内容を調節するためです(文字が多いと内容をSkipせざるを得ない場合にバレバレになる)

セッションでいいたかったことは

  • 自分たちのやり方は自分たちでもっとよくする、そういう取り組みが絶対必要
  • アジャイルも単なる手段。どうやって継続的に顧客に価値を届け続けられるか、を考える
  • 技術の土台なくして継続的にはまわせない。Scrumでは技術プラクティスの定義はないけど、技術が不要とはヒトコトもいってない
  • 現実的にはScrum+XPの組み合わせ。はじめてやるときはまずはテスト書くところから始めるといいかも
  • 組織に障壁や抵抗勢力は必ずいる。でもそこで諦めないで腹くくってやるかどうか、ただそれだけ

みたいな感じです。

質問等ありましたら遠慮なくお寄せいただければと思います。

 2012/10/05

サイト内検索


著作

寄稿

Latest post: