2010年ふりかえり

 2010/12/31
このエントリーをはてなブックマークに追加

ということで年末なのでふりかえりしてみる。 アジャイル的に考えると、タイムボックスが1年で振り返りが1年に1回というのは問題があるなぁ。 自分の生活においても本来は2週間から1か月くらいを1スプリントとして、都度ふりかえりをしておいたほうが良さそう。

Keep

外部の勉強会やセミナーでしゃべる

今年は、MicrosoftさんのAgile Dayでの本編発表やShibuya.trac、スクラム道での発表、プライベートセミナーなんかでAgile関連の話を25回くらいしゃべった。資料はこの辺 人の前で話すためには、沢山仕込みして、自分の意見をまとめる必要があり、これが自分の理解にすごく役立つんだよね。フィードバックを頂くことによって自分の見落としていた点とか他人がどう理解したかとかが分かるのも大きいし、色んな考えをもつ人たちと知り合って議論できたのが良かった。 来年も継続し続ける。次回はたぶん1/27のDevLove。 プライベートセミナーの要望にも極力対応していく予定。

外部のセミナーに参加する、セミナーのお手伝いをする

CollabnetでのLaszloさんのセミナー、MSさんやIBMさんのセミナー、デブサミ、XP祭り、E-Agility協議会、Jim CoplienさんのCSM研修のお手伝い、Jeff SutherlandさんのCSPO研修のお手伝いなどなど。 毎月必ずなにかしら行ってたなー。いつも@kawagutiがうまく巻き込んでくれた気がする。感謝。 来年はセミナーの作り手側にももっと参加する。

仕事で100%アジャイル

今年開発した案件はすべてアジャイルな開発で行った。お客さんに提案する時点でアジャイルな開発します、といって提案して受注したり、そうじゃない場合もタイムボックス化してリリースを繰り返したり。 もちろん全部が100点満点ではないので、どんどん改善していく。 環境的には、PHP+Hudsonの組み合わせでのCIが完全に手の内に入った(それまではPHP+phpUnderControlで面倒だった)のが大きかったし、CIサーバをAmazon EC2を使ってスケールアウトし、スローテスト問題を解決したりといったクラウド+CIの考え方の整理ができた。 スクラムではテストの自動化しろ、とは規定されていないけど、限りなく必須に近い推奨だ、とLaszloさんも言ってた点が完全に腑に落ちた。

アジャイルコーチ業

外部のセミナーとかで得たものをコーチ業に引き続き生かしていく。(@holicとか@nawotoとかからいろんなことを貰ったのでパワーアップさせる)

オープンソースとか翻訳とか

Mike Cohnさんのスクラムの紹介用パワーポイントの日本語化とかAgiloの日本語化とか、いくつか翻訳関連作業をした。 引き続きアジャイル関連を中心にやっていければいいかなと。

早起き

土日も祝日も関係なく朝5時起床の継続。自分に毎日時間を投資する。投資なのでROI大事。

Problem

働き過ぎ(かもしれない)

ベンチャー企業だから仕方ないし、自己責任だけど、四六時中、電車の中も仕事してたことが多かった。一応1年持続したので持続可能なペースなのかもしれないけど、仕事に追われるとインプットできなくなってどんどんダメになるので、スケールアウトの仕方は考える必要あり。 スクラムマスター != ワーカホリック になるようにしないと。 本当はまとまった休みをとって沖縄に行きたかったのに行けなかった。せっかくベンチャーなんだから、成果だして1か月連続休みにする、とかやってみたい。

飲み過ぎ(かもしれない)

昨年末にたてた今年の目標で酒量を減らす、と書いたが、あんまり減ってない。Problemが複数回継続されるのは、改善の力が弱いか外圧があって改善できないってことだ(アジャイルなプロジェクト的には)。 自分で本気で改善の意識を持たないといけないよね。 「問題だーーー」と騒ぎ立てて、それで満足して改善できていない入門アジャイルな現場はかなり多い(自分のことは棚に上げて)。

Try

アジャイル関連の記事を書く

お誘いを受けているので書く気まんまんなんだけど、ツールに頼ってなんとかしようぜ!とかこうしたら絶対うまくいくよ!とかいう怪しげな話ではなくて、もっと本質的な話を書きたいなんて思ってたり。 最近色々な事例を耳にするけど、チームの開発プロセスが良くなるだけで本当にアジャイルなんだっけ? 顧客への価値のデリバリについて考えられていないケースが多くて悲しいので、そのあたりに踏み込むよ。

アジャイルコーチ業の比率を増やす

今は受託開発でコード書いている時間もそれなりに長いので、もっとコーチ業の比率を増やしたい。 最初はお試し価格等も設定してますので、興味ある方はご連絡くださいませ。

CSP (Certified Scrum Professional)取得

半年くらい放置してたけど、その先(CST)もあるので、とっとと取得しよう。

ってことで来年(は|も)頑張ろう。

 2010/12/31
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索


著作

寄稿

Latest post: