永和さんの新しい受託開発サービスについて考えてみた

 2010/11/14

永和システムマネジメントさんが、新しい受託開発サービスを立ち上げられてアジャイル界隈では話題になってるので、ちょっと考えてみた。

骨子はこんな感じ

初期投資不要。最少のSSプラン(月15万円)〜LLプラン(月150万円)
ソースコードの権利は永和さんが保持
解約は自由だが、解約時にデータ以外のプログラムは引き上げる
月々の支払いの範囲内で一定数のチケットが渡される。1チケットは1人日程度の作業

体制はどうするのか?

1社15万円/月では1人丸抱えはできない。 でも1社だけということは無いので、一定規模の開発にはなるだろう。7社SSプランがあれば105万円/月なので、普通の受託SIerなら1人分くらいにはなる。 そしてチケット1枚が1人日分とのことなので、7社であれば約0.35人月程度の稼働になる。これは悪くない。 (※スイッチングのオーバーヘッドはあるがここでは無視。他にも月1回くらいは顧客と打ち合わせくらいはするだろう)

この開発の良いところは、毎月の仕事量が予め予測できるところにある。 普通の受託SIだと、規模に応じてパートナーを連れて来たり、協力会社に発注したりして、波が大きくなったり、目が届かなくなって最後にバタバタしたり、ということも良くある光景だが、この方式であれば、ある程度内製の体制で持続可能なペースで仕事ができる。 そして持続可能という点でいえば、月々固定額の支払いは顧客にとっても持続可能にしやすい。

どうやって作るのか

これはアジャイルな開発手法と、既存の資産やノウハウ(永和さんの場合はRuby on Rails)で作ることになるのだろう。 このサービス形態であれば、通常の受託開発のように開発言語に縛られたり、大量のドキュメントを要求されることもない。 ソースコードのライセンスは自社で保持するわけだから、再利用性も確保できるし、テスト自動化もされているだろうから、組み込み易い。

アジャイルのどんなメソッドを利用するかについては、個人的には、プロダクトバックログかんばん見積もりゲーム、それからXPの各プラクティスを採用すると思う。例えばこんな感じ

  • サービス単位でプロダクトバックログを作り顧客と優先順位をつける
  • 見積ゲームで規模の想定を行い、実施するバックログアイテムを決める
  • 開発時は複数サービスをまとめて1チームとして構成し、かんばんで当月の仕事を管理する
  • システムは長く動くことになるので、継続的インテグレーション環境で自動テスト(手動テストではシステム拡張に従ってコストが増えてしまうから)

発注しやすい会社・しにくい会社

社内で要件をとりまとめできない(プロダクトオーナー不在、利害関係者が多い)ような会社は利用しないほうが良いだろう。

色々な部署にヒアリングして欲しい!
曖昧だけどなんとかしてくれ!
全部任せた!

というのには向いていない。チケット1枚があっという間に無駄になくなるだろう。 一方で、自社内で要件まとめて優先順位もつけられるよ!という会社なら良いんじゃないかな。

発注しやすい案件・しにくい案件

ソースコードの著作権が永和さん側にある、ということを考えると自ずと分かるのではなかろうか。 このモデルはある意味システムが人質にとられている側面もあるので、企業の競争力のコアとなるシステム(他社にないビジネスロジック)は向いていない。 また一度作ってしまうと変更や改修がほとんど発生しないようなシステムは、継続的なバージョンアップの恩恵が得られないので避けた方が良い。 契約を解除する際にデータは引き渡されるそうなので、データさえあれば業務継続できるようなシステムは良いんじゃないかな。

今後どうなるか注目ですね。

 2010/11/14

サイト内検索


著作

寄稿

Latest post: