Shibuya.tracでの発表の振り返り

 2010/04/29
このエントリーをはてなブックマークに追加

4月27日にShibuya.tracで40分ほどTracを使ってAgileプロジェクトを可視化する方法について話してきたのだが、それに関する振り返り

Keep

  • プレゼンテーションの構成を文字ばかりのオールドスタイルからプレゼンテーションZenスタイルにした。この方法は視覚的効果による記憶定着と、聴衆の視線確保に有効なので、今後も続ける。この本買って良かった!
  • 事前に数人の知り合いにレビューしてもらった。自分が不安な箇所はやはり他人も分かりにくい。今後も事前レビューをお願いする。
  • プレゼンの最初に「今日の資料は公開するから、書いてあることはメモ取らなくて良い」旨を伝えられた。無駄なことに労力を使わせず、中身に集中させるのに有効なので、今後もちゃんと言う

Problem

  • 資料の構成を考えるより、良いビジュアルを探すことに時間が取られた。
  • 本当に絵が必要とは思えないところも、全体トーンをあわせるために絵を張ったりしてしまった。無駄な箇所が多い。
  • たぶんプレゼンテーションもリファクタリングが必要
  • 発表用のプレゼンテーションだけだと後から見ると、言いたいことが伝わらないかもしれない
  • ノートPCのエンターキーでプレゼンを進めたが、話の途中で下を向いたりしているので、段取りが悪いように見える

Try

  • プレゼンテーション用資料と配布資料の双方を作る。もしくは配布用としてノートに文字でも記入する。ここでなら箇条書きを使ってもよさそう
  • プレゼンテーション用の小さいリモコン買う(一応iPhoneでPCのキーボードを遠隔操作できるけど、とにかく切り替えをシームレスに)
  • 使えそうな絵を探すのに時間が掛かっていたので、普段からflickrとかで使えそうな絵を探す。絵を見ること、自分にインスピレーションが沸くことは多数ありそう

 2010/04/29
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索


著作

寄稿

Latest post: