AgiloのちょっとしたTips(1)

 2009/12/07

Agilo日本語版を「eat your own dog food」ということで、自分で実戦投入しました。

んで、早速プロダクトバックログをがんがん入れているんだけど、標準のプロダクトバックログ画面だと項目だけ出ていて、どのストーリーのストーリーポイントを見積ったか、どのスプリントで実装する計画を立てているかが全く分からず不便なんだよね。

でソースを読んでカスタマイズしようかと思ったのだけど、簡単に設定ファイルだけでできることが分かったのでご紹介。

プロジェクトのtrac.iniを開き、[agilo-backlogs]の項目の、product_backlog.columns = のところに適当な値を設定すればOK。 僕の場合は、対象スプリント、オーナー、ストーリーポイントを表示している。

[agilo-backlogs]
product_backlog.columns = sprint, owner, rd_points
product_backlog.name = Product Backlog
sprint_backlog.charts = sprint_resources, sprint_tickets, burndown
sprint_backlog.columns =
sprint_backlog.name = Sprint Backlog

設定後は以下のような感じ。これで分かりやすい。

agilo_tips+2

 2009/12/07

サイト内検索


著作

寄稿

Latest post: